北海道夕張郡長沼町で地域に密着した医療を目指し消化器専門技術の医師により最新の医療機器を駆使した高度医療を提供していきます-医療法人社団 緑稜会|長沼内科消化器科

所在地
〒069-1346 夕張郡長沼町西町1丁目8-16
アクセス
新札幌、新千歳空港から車で約30分
文字サイズ設定
  • 標準サイズ
  • 大文字サイズ

“信頼”と“安心”の医療に向かって。naganuma internal medicine & digestive organ.

scroll

新札幌・新千歳空港から車で30分の緑豊かな田園文化都市“長沼”で最先端の医療設備と高度医療を駆使し親切であたたかい医療を提供します。

〒069-1346
夕張郡長沼町西町1丁目8-16

アクセス

新札幌・新千歳空港から車で30分

▸Googleマップで見る

診療時間

月〜金曜日
8:30〜11:30
13:30〜17:00
土曜日
8:30〜11:30

日曜日・祝日・土曜日午後「休診」
受付は「8:00」からとなります。

お問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

0123-82-5333
医療従事者向け【採用情報】 明日の健康を守る仲間を探しています。

ながぬま小児科

最先端医療設備のご紹介

長沼内科消化器科では、早期発見および早期治療を行うために最新の医療設備を設置しております。

“64列128スライス”マルチスライスCT

当院は“64列128スライス”のマルチスライスCTを導入しています。
このCTは様々な検査に対応可能で、検査結果が3D(立体的)に見ることができますので、患者様にもわかりやすく説明できます。
 

“上部・下部内視鏡”で様々な検査や治療に対応

検査・治療に合わせた胃カメラと大腸カメラにより、様々な検査や治療に対応することが可能です。尚、胃カメラは、口から行うカメラと鼻から行うカメラのどちらも準備しています。

  • ・胃/大腸ポリープや癌粘膜切除術など

皆さまに快適に過ごして頂くために。

少しでも快適に過ごしていただくために、明るく広い外来受付ロビーでは、ゆったりと座れるソファーを設置。吹き抜けにより天井も高く開放感のある空間です。また、入院病棟では、食堂・デイコーナーに大きな窓を配置し、たくさんの光を取り込みとても明るく、病室の窓からは素敵な田園風景を望むことができます。

外来待合ロビー

  • 外来

  • 病棟